MENU

顔にイボができてしまった時、思い切って液体窒素治療を!

ニキビだと思っていたけれど、なかなか治らなくて、実はそれイボだったという経験したことありませんか?
イボって聞くと、その聞こえる音も綺麗じゃないですし、何だか年寄りくさいと思いませんか?

 

でも、20代の若い子でもイボで悩まされている人は多くいます。
顔イボの原因は、ほとんどがウィルスが原因なので、誰にでもなりえるものなんですね。

 

そして、残念なことに、顔イボは自然治癒はしないということ。
それって、結構ショックですよね。

 

気になる方は皮膚科や美容クリニックに行く手もあります。
病院で治療してくれるのは、
・レーザー治療
・液体窒素治療
・ハサミで切る
・内服薬
という方法があります。

 

ここでは、需要が一番多い液体窒素での治療について触れていきます。

 

液体窒素での治療の方法は、綿棒にマイナス196℃の液体窒素をつけて、イボに押し当てて、焼き切る方法です。
そうすることで、患部の下の細胞が活発になり、新陳代謝を繰り返すようになるので、新しい皮膚が作り出されるというしくみです。

 

液体窒素の利点と欠点に分けて説明してみます。

 

まず、液体窒素での治療では健康保険が適用されることが、第一の利点です。
レーザー治療になると全額自己負担となりますので、液体窒素を選ぶ方の方が多いですね。

 

液体窒素はメジャーな方法なので、どこの病院でも対応してくれます。
治療時間はたったの5分なので、金銭的にも時間的にも有利です。

 

その一方で、液体窒素での治療での欠点は、強い痛みを伴うことです。
利点では5分で終わることを挙げましたが、1回で取り除くことは出来ないので、完治させるには、何度も通院しなければなりません。

 

だいたい3カ月〜1年の通院となります。
また、凍結して壊死させるわけですから、色素沈着を起こすことが多く、シミになってしまう場合もありますし、
水膨れや内出血を伴うこともありますので、顔や首などの目立つ部位には不人気ですね。

 

また、再発するケースもありますので、液体窒素の利点より欠点の方が目立つ部分も否めません。
ただ、上述しましたように、あまりお金をかけれない方は、液体窒素に頼らざるを得ないこともありますので、利点を上手く利用してみるのも一手ですよ。

 

顔イボでお悩み方の中には、病院へ行くまでもないと思っている方や、液体窒素の治療は何度も通院しなければならないので面倒臭いと思っている方もいらっしゃるでしょう。
そんな方には、今、イボ専用のお薬が薬局でも買えますし、顔に使えないと敬遠されていたイボケア商品の中で、顔や首に使えるタイプのイボケア商品も出ています。

 

自分に合った方法を選べて、イボとはサヨナラしたいですね。

関連ページ

顔イボを切除する!気になる費用は?
顔イボを切除したくても費用のことを考えるとなかなか病院に行きにくい!顔イボ切除の費用や方法、期間などをまとめてみました!
顔イボが出来ない!治す!スキンケア方法とは?
顔イボで気を付けるべきは毎日のスキンケア。スキンケアを意識することで顔イボ知らずになれます。
イボが顔や体に出来てしまった時の治し方って何があるの?
イボが顔や体に出来ると一日も早く治したい。どんな治し方があるの?イボが出来た顔や体の部位によって治し方は違うの?
産後まで待てない!妊娠中でも治したい顔イボ!
妊娠中でも顔イボは薬以外で治せるものはある?妊娠中でも安心な顔イボケアとは?
顔イボがオロナインで治せるってホント?
顔イボがオロナインで治せるという噂があるけど本当なの?顔イボとオロナインの意外な関係性とは?
顔イボとストレスの知られざる関係とは?
顔イボが出来る原因の一つとしてストレスがあります。いかにストレスをなくして顔イボを予防するかが課題です。
顔イボが再発しないように気を付けること!
顔イボは再発しやすいようです。正しい予防法を知って、顔イボ再発に繋げましょう。
顔イボとニキビは間違いやすい!【危険】
顔イボとニキビは区別がつかず、違いに気付かないでいると大変なことに!顔イボとニキビの違いを検証しました!