MENU

顔イボを切除したいけど、気になる費用は?

顔イボで悩んでいる方は、病院で切除することも視野に入れていると思います。
ただ、なかなか行き渋っている方も多いと思います。

 

顔イボって小さいから目立たないと思っていませんか?
それが、小さいからこそ数が多かったり、見える部位ですから、実は相手が顔イボに気付いていること、分かっているのです。

 

だからこそ、勇気を出して病院へ行こうと思いつつ・・・、どんな治療をして、どれくらい費用が必要で、どれくらい通院しなければならないのか、
そんな疑問にお応え出来ればと思い、まとめてみました。

 

まず、顔イボを切除してもらうには何科にかかればいいの?
皮膚科でも形成外科でも大丈夫です。

 

除去方法はレーザー治療、液体窒素が代表的ですが、内服薬も同時に渡されることも多いと思います。

 

〇レーザー治療について

 

レーザー治療は今や顔イボの治療には一般的になってきました。
なるべくお肌に負担をかけないないように、丸ごとくり抜く方法です。

 

出血も少なく、痛みも感じにくいです。
ピンポイントで切除を行うので、傷跡も残りにくく、再発もしにくいです。

 

と、聞くとレーザー治療いいんでは?と思いますよね?
ただ、費用が問題なのです。

 

レーザー治療の場合イボの大きさmm単位で切除していきますのげ、1mmいくら、という場合が多いのです。
大体のところが1mm2.000円〜5.000円とされています。

 

通院期間は3カ月〜半年程度ですので、毎回5.000円くらい費用がかかるのは痛手でもあります。
もちろん、病院によって費用に差がありますので、よく相談して、納得した上で治療することが大事ですね。

 

〇液体窒素

 

−196℃の液体窒素で綿棒のようなものの先を凍らせて、イボに押し付けることで切除する方法です。
レーザー治療と同時に、非常にメジャーな切除方法です。

 

ただ、人によっては強い痛みを感じる場合がありますので、その辺は頭に入れておきましょう。
顔イボの根まで到達するまでは、数回の治療を繰り返さなければなりません。
ですから、通院は3カ月〜1年となっています。

 

かなり時間がかかるなあ、という印象ですが、その分保険診療が効くので、1回の費用は600円〜800円程度となります。
その他に、初診料がかかりますし、薬代もかかりますので、レーザー治療にしても、液体窒素にしても、プラスして考えて下さい。

 

お薬は日本ではハトムギとして有名な、「ヨクイニン」というものが処方される場合が多いです。
イボの治療の他にも、免疫力の向上や吹き出物にも効果がありと、皮膚治療には昔から使われています。
費用はだいたい1カ月分で3.000円〜6.000円となっています。

 

どういう場合でもそうですが、顔イボの切除方法も、初めに先生とじっくりカウンセリングすることが大事です。

関連ページ

イボが顔に出来た!思い切って液体窒素治療を!
イボが顔にできて思い切って液体窒素を試してみたい方に読んでもらいたい!イボが顔に出来た時の液体窒素の治療の利点と欠点。
顔イボが出来ない!治す!スキンケア方法とは?
顔イボで気を付けるべきは毎日のスキンケア。スキンケアを意識することで顔イボ知らずになれます。
イボが顔や体に出来てしまった時の治し方って何があるの?
イボが顔や体に出来ると一日も早く治したい。どんな治し方があるの?イボが出来た顔や体の部位によって治し方は違うの?
産後まで待てない!妊娠中でも治したい顔イボ!
妊娠中でも顔イボは薬以外で治せるものはある?妊娠中でも安心な顔イボケアとは?
顔イボがオロナインで治せるってホント?
顔イボがオロナインで治せるという噂があるけど本当なの?顔イボとオロナインの意外な関係性とは?
顔イボとストレスの知られざる関係とは?
顔イボが出来る原因の一つとしてストレスがあります。いかにストレスをなくして顔イボを予防するかが課題です。
顔イボが再発しないように気を付けること!
顔イボは再発しやすいようです。正しい予防法を知って、顔イボ再発に繋げましょう。
顔イボとニキビは間違いやすい!【危険】
顔イボとニキビは区別がつかず、違いに気付かないでいると大変なことに!顔イボとニキビの違いを検証しました!